スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ピカデリーサーカスへ 
ピカデリーサーカスに行ってきた。

三越のJP Books訪問、HISで旅行予約、ミュージカル・オペラ座の怪人の観賞
という3プログラム。

1.JP Books訪問:
まずは、三越にあるJP Books訪問。日本書を輸入している書店だ。Kindleを
持っているため、基本的にはわざわざ遠出してまで本屋に行く必要はないので
あるが、今回の目的は、僕が歴史書と崇める「One Piece59巻」を入手すること。
もはや漫画の域を超越したこの書に、何度教えられ、助けられたことか・・・。
イギリスに来ようとも、アフリカに行こうとも、One Pieceは絶対に読まな
ければならない。ということで、事前予約を行ってきた。この書店では、
輸送費などが加算されて、価格はざっくり25%増しだが、今回は事前予約特典
による10%割引を頂いた。悪くないコストでOne Pieceを入手できる環境が整った。

2.HISでの旅行予約
欧州危機により治安が悪化しているのではないかと考え、一定の安心感がある
日本の代理店のツアーに申し込むことにした。
詳細は別項に譲りたいと思うが、来週・再来週を使って、オーストリア、ハンガリー、
チェコ、ギリシャを旅行する予約を入れてきた。大変楽しみだ。特にギリシャは、
熱狂的な聖闘士聖矢ファンである僕にとっては正に聖地である。i-podには
しっかりと当時の主題歌を入れてきたので、欧州の皆さんにもその素晴らしさを
伝えるべく、パルテノン神殿の前で熱唱するつもりだ。

3.オペラ座の怪人:
ニューヨークのブロードウェイで会社の仲間とライオンキングを見たことが
あるが、やはりシェイクスピアのグローブがあった本場イギリスのオペラは
ブロードウェイにも増して素晴らしく感じた。そう感じた主な理由を想像
してみると、おそらく、「劇場だけでなく、周囲も全て歴史ある欧州建築
であるため、自然と劇に陶酔できた」「欧州発(フランスだが)の劇である
ため、オリジナルのものを見ているという感覚を持つことができた」
「チケットの値段が割とリーズナブルであったため、かなり前列の真ん中の
席で見ることができた」というものかと思う。最後のポイントについては、
一番高い席でも、59ポンド(今のレートで9千円いかない金額)ということ
で、クオリティ対比非常に良心的な価格であったように感じた。

piccadeli

Opera
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。