スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ギリシャ2日目 
エーゲ海をめぐる4000年に及ぶ興亡の歴史を歩んできたギリシャ。
ミケーネ時代の終焉から約400年はギリシャ暗黒時代と呼ばれる。
ギリシャ危機が取り沙汰される今日、実際にギリシャを歩いてみて
どうかというと、暴力と欺瞞が蔓延った暗黒時代と比するほどでは
ないにせよ、夜になると外国人が到底一人で外を歩けるような
雰囲気ではない。

現地の旅行会社が斡旋している「バイナイトツアー」に参加し、
夜のアテネ市内をバスで散策したが、晩ご飯時の時間なのになんと
8割方の店がシャッターを閉めてしまっているようなイメージ。
一部の地域では、明らかに常識が通用しなそうな危険な空気を
まとった集団がウロついていたり、かなり恐怖を感じた。
警察も相当数出ている。

ともあれ、今日も昼間は色々と見て回って、大変充実していた。
聖闘士星矢の車田正美先生は本当にしっかりとギリシャの空気感を
漫画に描きこんでいるなと感じた。あの日感じた感動がそのまま
眼前に広がっている感じだった。夜の街は写真に収めていないが、
今日撮った写真を多めに載せる。

r1
ソクラテスが投獄されていた牢屋。

r2
フィロパポスの塔。

r3
ディオニソス劇場。ここでオペラの源流となった悲劇が演じられていた。

r4
ポセイドン神殿。神話上、ポセイドンはゼウスの兄弟。古代の漁民にとっては
この神殿が心の拠り所となっていた。

r5
ポセイドン神殿。別の角度から。

r6
ポセイドン神殿のあるスニオン岬の崖から覗いてみた風景。
聖闘士星矢を読んでいた人にしかわからないが、ポセイドン編の
最後で、ジュリアン・ソロが倒れていた波打ち際の岩場はおそらくここ。

rr8
今日の晩飯・前菜。Greek Saladとギリシアコーヒー。ギリシアコーヒーは、
粉がたっぷり底に沈んでいて濃厚。とても美味しかった。

rr9
ホテルの屋上から見たパルテノン神殿。夜はライトアップされていて
別の美しい顔を見せている。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。