スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ギリシャ3日目 
今日は、世界文化遺産・デルフィを訪れた。

デルフィは、古代ギリシアにおいて世界のへそ(中心)と信じられて
いた場所で、ギリシア最古の神託所であるアポロン神殿がある。

プラトンの『ソクラテスの弁明』などの古代証言が伝えるところによると、
ソクラテスの友人はデルファイで「ソクラテスより賢い人間はいない」という
神託を得てその哲学的探求を促したが、この神託に疑問を持ったソクラテスは、
当時知者とされた人々を訪ねて回り、その結果、「知っていると思っている」
人ばかりがいることを見出し、真の知者はいないが「知らないと思っている」
という点でわずかに自らがそれらの人々より賢いと思うに到ったとのことである。
これが有名な「無知の知」である。

gre1
周囲のポリスの間では、賄賂を使って、デルファイの神託を左右する一種の
情報戦があったとされ、そのため、写真の「アテナイの宝庫」には数々の
財宝が貯蔵されていたそうだ。

gre2
紀元前4世紀の体育訓練所の跡。古代オリンピックであるオリュンピア祭と
並んで重要だった4年に1度のピュティア祭の陸上競技が行われていた場所
である。写真は178mの直線トラック。
ここで当時のアスリートたちが雌雄を決したのかと思うと、ロマンを
感じずにはいられなかった。しかし、辿り着くまでの山あり谷ありの道のり
はかなりきつく、到着した時点で体力の限界を感じた。観光客同士で
「We are almost there!」と声を出し合って、なんとか到着した。
アメリカ人のおじいさんにまで「Just one more hill to go!」と励まされた。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。