スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
チェコ/プラハ 
チェコの首都・プラハの夜空の下、ブログを更新している。

今日は午後にオーストリアから列車でチェコ入り(約5時間)し、
ホテルに荷物を置いた上で、暗くなるまでの間、旧市街、図書館、
市庁舎などを見て回った。

チェコは第二次大戦の際攻撃を受けなかった地域であり、きれいな中世の
街並みが最も無傷のまま残っていると聞いていたが、確かになかなか
きれいな街だった。シックな色づかいの教会・聖堂と、カラフルな
色づかいのお店・住宅のコントラストが良い味を出している。

p1
旧市街。馬車の値段を聞いたら、20分間のmini city tourで800チェココロナ
(約4,000円)という貴族プライスで迫ってきたので、馬より速く走って逃げた。

p2
市庁舎。時計がとてもきれい。

p3
チェコの国立図書館。元は修道院で、例のハプスブルク家がお金を出して
建てたものだそう。さすが。

p4
街でよく見かけた標識。「子どもが家にこもらずにお父さんとサッカーの練習を
していますから、車の運転には注意してください」というような意味だろうか?
チェコは英雄ロシツキーらを擁するサッカー大国でもある。誰か街でボールでも
蹴っていたら参加しようと思ったのだが、全く見かけず残念。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。