スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
LBSのCareer Service Teamとは? 
LBSがMBAランキングで1位になった背景の一つとして、卒業生の活躍、
就職実績の良さがあると聞く。

僕は正直、転職活動のためにMBAに来たわけではないし、目先の仕事のこと
だけを考えるなら、元いた2つの会社の素晴らしい仲間、会社/チーム
としての実績や力、家族を養うためのお金、などから考えれば「出て行く」
という結論には決して至るものではなかったので、僕には、もう少し質の
異なる目的がある。(このブログの最初の方に記載。)

なので、目先の結果を追求して就職活動に躍起になり変に時間をかけ
すぎるのではなく、自分自身の成長・幅を広げることにより注力したいと
思っている。その先に自分の次の仕事がある。

とはいえ、卒業後には仕事をするわけだし、「単純に就職活動のため」
というわけではなく、自分の視野を広げるためにも、一通りの就職関連の
イベントにはsign upするようにしている。

そこで、今日初めての正式なCareer Service Teamによる説明会が行われた。

正直、説明会自体は、学部生でも聞かないような「就職講座」のような感じで、
「なんで学校サイドにも生徒サイドにもこれだけ素晴らしい人材が集まって
いるのに、こんな話を時間をかけてするんだろう?」と思わせるものが多々
あったが、そこを少し我慢して、零れ落ちてくる情報を注意深く拾っていく
と、LBSはかなり充実した情報網、ネットワーク、フォロー態勢を誇っている
ことが確認できてきた。アプローチの仕方によっては、非常に勉強になる
環境である。

各業界のトップ企業でプロとして長年働いていた人がCareer Service Team
傘下のセクターグループ(Finance, Consulting, Industry...)にそれぞれ
配置されており、かなりup-to-dateな情報を保持して、学生へのフィード
バック、トレーニング、ネットワーキングのサポートなどを行っている。

また、例えば、ファイナンスの経験がない方で投資銀行やPEを志向される
方向けには、特別のモデリングレッスンなどがあったり、新たに
コンサルを目指される方向けにはケースレッスンなどもあったりする。

間口を広く保ち、色々見て、勉強してみたいと思う。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。