スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
グループワーク 
度々登場しているStudy Groupであるが、今朝統計の課題で集まった時に、
インド人のK君から、「一度Step backしてこれまでの反省点を話さないか?」
との提案があり、これは素晴らしいアイディアだということで、みんなで
意見を言い合った。

おおまかなoutcomeは:

・お互いの強み、弱みがだいぶ分かってきたのに、まだタスクの分担がうまく
できておらず、作業に必要以上に時間がかかってしまっているので、今後は、
作業を開始する前に、30分くらい時間をかけて、作業の切り分け&分担をする

・一つの課題の提出が終わるたびに、30分くらい時間をとって、チーム運営の
効率性などに係る反省会をする

といったところ。

彼は、年商約50億円のお菓子メーカーを営んでいたインドの起業家で、
彼がインドで使っていた「チームワークモデル」を適用しないか?と提案して
くれたのだが、彼の説明が良くなかったのか、みんなから「逆に面倒だ」
「それに慣れるのに半年以上かかりそうだ」などの意見が続出し、個人的には
興味があるのでもう少し内容を聞いてみたいと思っているが、グループとして
の採用は却下された。

僕は、このStudy Groupがとても好きだ。まだあんまり一緒にいる時間は
長くないが、みんな忌憚なく意見を戦わせるし、ケンカまがいの剣幕で
言い合っても、議論がひと段落するとすぐ元に戻る。前にも書いたように
自分の最も弱い分野の一つは「ポジティブにネガティブなことを伝え物事を
前進させる能力」であり、この良いチームの中でまずそれが充分にできな
ければ、もっと難しい人間関係になった時には望むべくもない。

かなりの戦闘態勢で望んでいるつもりなのに、それでもまだみんなから
「You are too polite」とフィードバックをもらった。もう一段踏み込みたい。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。