スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
充実の一日 
今日のロンドンは、とても暖かかった。最低気温ですら10℃近くあった
ようだ。

朝、バスの中で懸命に携帯でメールを返していたら、バス停を一つ
乗り過ごしてしまった。「こんな日は安全に気をつけなきゃ」という
独り言から一日がスタート。

学校は、ファイナンスの授業から始まった。下世話な話で申し訳ないが、
ファイナンスの先生が、相当なイケメンである。クラスメイトの女子
たちが、「Cute! Cute!」と言っている。本当に、映画に出てくる王子様
みたいな感じで、スラリと脚が長く、尊敬の念すら抱くほどのイケメンだ。
今日、質問をしたら、すごく真摯な態度で答えてくれて、
是非慶應湘南藤沢高校の先生にスカウトしたい人材だ。

ファイナンスの授業の後、来年からテマセクに入る人とcoffee chat
して、様子を聞いた。色々とつなげてくれたりもして、非常に有難かった。

そして、今日はサッカーコーチ2日目。チェルシーのジュニアチームの
コーチが3月までコーチに来ていて、その人にくっついて修行させて
もらえることになり、2時間まるまる、アシスタントコーチのような
形で1on1でくっついて勉強させてもらえた。「グループを任せたい」
との大変有難いお話も頂いているが、できれば今はこの人について
勉強したい。

彼は厳しく言う時は言っていたが、物腰柔らかなのが印象的だった。
また、台湾代表での練習の時にも思ったが、一流のコーチは、
練習メニューが豊富だ。選手の反応からして、全て初めて取り組む
メニューばかりだったようで、選手がついていこうと必死だった。

従って、「集中!」などと言わなくても、必然的に選手が
高い集中力を2時間保ち続け、練習終了の声がかかったら、数名
ピッチに倒れこんだ。そのくらい、全力を尽くしたのだ。
一つ一つの練習のクオリティが高い。

また、選手の中に、プレミアリーグ・フルハムのユースチームの
選抜テストで最終まで残った人などもいることが今日分かり、
どうりで基礎がちゃんとできてるわけだと納得した。

今日は最後にミニゲームを行ったが、相当なスピードでポンポン
回していて驚いた。しばし中学生であることを忘れてしまった。
「ミニアーセナル」と言っても過言ではないくらい、ダイレクト
のパスを4~5本続けるプレーが何回も出た。
中には、小学生から選ばれたメンバーも飛び級で入っているのに、
これはすごい。

クリスマス&年末年始の休み明けだった日曜日の練習の時よりも、
明らかにフィットしている。

レベル、高いです。やりがい、あります。

Post Script: ミニゲームに僕も参加していたのだが、あまりにも
久しぶりのサッカーで、且つ選手が良いサッカーをしていたので、
疲労困憊。「コーチ!」とパスを呼び込んでくれたのに出せなかった
りして、本当に申し訳なかった。コーチと呼ばれるに値しないプレー
だった。プレーをするとは聞いてない、というのが言い訳だが、
腐っても元代表キャプテンとしての誇りを保てるように、少し
走ったりしようかと思った。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。