スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
My bus tour続き 
昨日宣言させて頂いたとおり、今日はMy bus tourの様子を写真中心に
お届けする。

mbt5
ウィンザー城。どことなく、天空の城ラピュタを思わせる佇まい。
連なる飛行機雲が、この地が織り成すストーリーを感じさせる。
ただ、天空の城ラピュタのモデルになったのは、ウェールズである。
夏になったら、ラピュタのモデル地探訪も別途行う予定。

mbt1
ウィンザー城中庭。広くはないが、ゆっくりと流れる空気は
贅沢そのもの。

mbt2
風情しか感じない。

mbt3
王族、貴族しか足を踏み入れることが許されない庭。

mbt4
向かって右に見える白い大きな建物が、英国が世界に誇る
超名門・イートン校。年間の費用が約500万円とのことだが、
子どもが入れるなら親は喜んで払うだろう。金というものは、
子どもの教育を含めた、家族のために稼ぐものだ。

mbt6
ウィンザー城外観。

mbt7
ストーンヘンジ。5000年前に建築が始まり、3500年前に現在の状態に
完成したもの。時計かカレンダーか天体観測の装置という説明があった
が、僕はそうは思わない。比較対象がないので分かりづらいと思うが、
これらの石はそれぞれ4-5mずつくらいあって大きい。重さも何十トンもあり、
更に数十キロ離れた場所でしかとれない成分のものだそうだ。運んでくる
のは相当な重労働だったと思うし、石を石の上に乗せる作業は、命の危険すら
伴いそう。時計とかカレンダーとか、そういうあってもなくても良いもの
じゃなかったはずだ。僕の説は、病気の家族を治すために神に祈りを捧げる
祈祷場。

mbt8
お風呂の起源となったBath。

mbt9
当時は、屋根があったそう。

mbt10
ローマ人の社交の様子が眼に浮かぶようだ。
当時は、ビジネス上の接待の場などとしても使われた。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。