スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
Marketing Strategy simulation優勝 
今学期に入ってからずっと行われてきた、Marketing Strategyの
シミュレーションで、我がstudy groupが優勝した。仮想の会社運営で、
最終年の株価で競うもの。かなり現実に近づけてプログラムされた
simulationで、マーケティングの成績の33%がこのプロジェクトだけ
で決まるため、なかなかヘビーだった。

何度かブログにも書いているが、このstudy groupは何故か(?)
本当に強くて、アサインメントでは何回も学年最高点をとっているし、
competitionで優勝したのも、今回が初めてではない。メンバーは
いつもリラックスしていて、「勝つぞ!!」と息巻いているわけ
ではなく、イタリア人のS君の提案に全員が賛同し、「週末は
絶対勉強しない」というルールさえ設けている。学校の成績に
こだわりを持っているメンバーもいない。他のstudy groupには
結構そういう人がいるものだと聞いている。

すごいなと思うのは、いつも激しく議論を戦わせること。まるで
喧嘩のようになる。でも、みんなすごく仲が良い。言い換えると、
それぞれがチームとして良い結果に結びつくと信じる意見を遠慮なく
出し、ぶつけ合っている一方で、どんなに議論が激しくなっても、
感情的にはならないのだ。

僕は今まで「勝つ」という結論ありきで目標を立て、そこにみんなで
向かうのが良いと思っていた節があるが、「目標」レベルでしか
目線を揃えていないと、過程でギャップが出来た時に対応しきれない
こともあるんだと思う。むしろ、「勝つために最善と思う行動をとる」
という過程レベルで目線を揃えた方が、日々の活動がスムーズに運び、
結果として目標の達成の近道になるのかな、と感じた。

Markstrat
インド人のK君とスコットランド人のS君は今日お休みで記念写真に
入れず。残念。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。