スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
島の連絡網? 
バミューダは人口6万6千の島だ。サッカースタジアム一つ分くらいの人しか
住んでいないことになる。なので、どこに行ってもまあまあ空いているのが
良いところでもある。

今日の日曜日は、Horse Shoe Bayで行われた会社のビーチバレーチームの
試合に出場して、海に入り、そのあとDock Yardという島の端の爽やかな
街を観光して、フェリーでハミルトンにあるホテルに帰ってきたのだが、
フェリーで事件は起きた。

海を見渡せる席に座ったところ、向かいに座っていた30代くらいの女性に
「どこから来たの?」と聞かれ、「日本です」と答えたら、「あー、
London Business Schoolに通っていて、今のooファンドでインターン
しているooさんですね。」と言われた。

これには、かなり面食らった。

「Aさんから聞きましたよ。」と、僕が全く名前も知らない人から、
聞いたらしい。僕はAさんのことを知らないし、Aさんもこの女性も、
僕が勤めている会社とは直接関係がないらしい。

日本と時差12時間、地球儀の真逆にある国で、自分が全く知らない人に、
サッカーとも仕事とも直接関係ないところで、自分が足を踏み入れる前に
名前を知られていたなんて、思ってもみなかった。
これが島の情報網というやつだろう。連絡網でも回ったのかもしれない。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。