スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
イギリスでのネット環境 
我が家でもようやくネットがつながった。

イギリスでは、BT、O2、Virgin、Orbixなどといったプロバイダーが
存在しているが、「価格」「スピード」「カバレッジエリア」の3軸で
比較検討した結果、BTに軍配が上がり、契約に至った。

可能な範囲で最大のスピードを実現してもらうために、月々4千円くらい
払うことになり、安くはないが、これで必要なインフラがだいぶ整った。

イギリスでは、ADSLが主流で、最近になってようやく光ファイバーが
少しずつ出てきている状況である。

しかし、我が家では今のところしっかりスピードも出ており、快適。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。