スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
Success Trap 
数々の企業の取締役やコンサルタントを勤め、LBSの優秀教授
にも選ばれたことのあるFreek Vermeulen先生の
「Strategies for Growth」という授業を受けてきた。

今日のハイライトは「Success Trap」で、会社は(個人も似たところ
があるが)一度何かで大きな成功を収めると、そのビジネスモデルや
プロダクトに固執しがちで、その分野での効率性向上や生産性向上を
志向するに留まり、別の成長分野への投資が制限されてしまうという
理論である。

一理あるとは思ったが、僕の考えるExcellent company像は、得意分野に
集中しながらも継続してお金を稼ぎ続けられるモデルを構築している会社
だ。授業の最後にグループプレゼンテーションがあったので、手を挙げて
発表させてもらい、僕が前に勤めていた会社を例にとって、
Exploitation vs Explorationの議論においてExploitationのサイドに
フォーカスしながらも継続的に利益を創出するモデルがあると主張した
ところ、クラスメイトからは「ヒューヒュー!」とか「ヤフー!」とか、
予想以上の反響(ヤジ?)をもらったが、先生からはコメントが
なかった。その後早く帰宅したかったので、フィードバックを
もらうことはなかったが、どう思ったのか、明日あたりにでも
ちょっと聞いてみたいと思う。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。