スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
イギリスの配送サービス 
イギリスにはWaitroseというスーパーマーケットがあるが、試しにオンラインで
買い物をしてみたところ、そのクオリティの高さに驚いた。

買い物がスムーズだったのはまあ普通なのだが、最大の驚きは配送システム。
日にちは勿論、到着時刻を1時間単位で指定できる。そして、午前10時~11時
のスロットを指定したら、ピッタリ10時にきた。

こちらにはRoyal mailなどの配送サービス業者がいるのだが、時間指定は
できないし、いったん受け取りそびれると、だいぶ遠くにあるセンターまで自分で
とりに行かなければならない。一度、家にいるのにおそらく軽くノックして
「いないこと」にしてしまって不在票を入れられ、その不在票も未記入の欄が
多すぎて何処に受け取りに行ったら良いかも分からないといった事態まで
起きた。日本では考えられない体たらくだ。

一概にイギリスは配送・物流サービスの質が低いものと勘違いしてしまって
いたが、Waitroseの一件に鑑みると、当然やればできるのだ。
何らかの理由で一般の配送業者はBest practiceに程遠いレベルに
甘んじている。Waitroseは配送事業に参入して、シェアを奪取して頂きたい。
その方がよっぽど消費者のためになる。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。