スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
逆張り投資について 
AIJ問題に関連して、最近「AIJは逆張り投資で失敗した」という
ようなレベルの低い報道を目にするようになってきた。
このような報道のきっかけを作ったAIJ関係者には、逆張り投資で
成功を収めてきた世界の聡明な投資家たちに謝罪し、「自分のは
逆張り投資ではありませんでした」と言明してほしい。

逆張り投資とは、事業・企業の本質を見極め、市場価値が
本源的価値と乖離してしまっている株を割安圏で購入し、
市場参加者の投資判断が合理的な水準に戻った段階でExitする
ことによって投資収益をあげる手法である。

投資してもらった会社からしても「うちの会社は本当は100の価値が
ある筈なのに、市場参加者の理解が及ばずに60で評価されてしまって
いる。そんな時に逆張り投資家のoo社が本源的価値を見抜いて
買い支えてくれた。」ということになる。それは、救済ともいえる
ものである。

逆張り投資は、深い洞察力、綿密な分析、そして何より「そんな株
買ってバカじゃないの?」(市場参加者が見えていない部分を見抜く
先見の明がこの手法の肝なので、市場参加者からすれば、「なんで
今買うの?」と思うような行動に見えることが多々ある)などと
言われてもブレない芯の強さを兼備した一流の投資家
のみが継続して成功できる、ハイレベルな投資手法である。

従って、逆張り投資というものは、嘘で固めた商売文句で資金を集め、
多くの人々の大切なお金を私利私欲のために浪費するような弱い人間、
浅はかな人間に実現できるものではないのだ。AIJなどもってのほかだ。

一刻も早く「自分は逆張り投資をしていた」という嘘を訂正させて
ほしい。いつまで嘘をつき続けるつもりだ。そして、報道機関も、
なぜAIJなどという詐欺集団の人間が適当に宣った言葉を安易
に記事にするのか。租税回避地の件もそうだが、逆張り投資というもの
をしっかり理解してから書いて頂きたい。

逆張り投資は、長期投資家に適した、伝統ある正当な投資手法であり、
AIJは逆張り投資家ではない。日本でも、逆張り投資を実現できる
投資家がもっと育成されてくれば、株式市場はもっとハイレベルな
ものになり、日本経済の一層の成長にもつながる筈だ。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。