スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
AT Kearneyのレポート 
大手戦略系コンサルティング会社の一角であるAT Kearneyが数年前に、
欧州でサッカーに関するレポートを発表し、それが学校で共有された。
大手のコンサルティング会社がサッカーに関するレポートを発表する
というのは、欧州ならではだなと感じる。

その内容だが、一般的な市場分析やチームの財政状況の分析などは
当然にあるのだが、特段共有しておきたいのが、シーズン途中での
監督交代の効果に係る分析だ。簡単に言うと、シーズン途中で
監督を解任した場合、新しく来た監督が解任された監督よりも
成績が良いケースは約30%しかないというリサーチ結果が出た
というのだ。即ち、成績が芳しくないから(それ以外の理由も
中にはあると思うが。)といって監督を解任しても、更に
ドツボにはまるケースが7割を占めるということだ。

これは、前々から僕が主張してきたことに合致する。サッカー業界は
ある意味、ファンが力を持ちすぎている感もあり、成績が悪いと
大きくブーイングしたり、品のない人たちはスタッフや選手に罵声を
浴びせたり解任要求を出したりする。経営側がかなり堅固な
フィロソフィーを持っていないと、それらの攻撃に負けて刹那的な
決断をしてしまったりする。そういうケースをよく見る。

ただ、以下の二人の監督のうち、どちらがより良い成績を収めそう
だろうか?
1.シーズン前にGM含めチームのスタッフ陣が、たくさんの選択肢の
中から時間をかけて分析・検討し、満を持して選定した監督(更に
その監督はキャンプなどでチームを熟成させてシーズンに望む)
2.充分な人材サーチの時間もとらずに慌てて探してきて、且つ
チームを熟成させる準備期間も与えないで走らせた監督

後者の方が良いと考える人たちの気が知れない。経営判断の中でも
最重要事項である監督の選定。いったん下したこの重要な決断を、
たったの1シーズンも我慢せずに覆すなんて、マネジメントとして
何か間違っている。

大学リーグで絶好調の点取り屋を飛び級でとってきて加入させるなど
の局所的対応なら分かるが…。

今年のJリーグでは、まだ始まってそんなに経っていないのに既に
4人の監督が解任された。海外リーグでも似たようなことが往々にして
起こる。異常だ。こんなことでは、そのチームに良い監督が行きづらく
なるし、前述の通り、統計的には短期的効果すら見込めない。

もっと長期的視点を持ち、哲学を持って運営するべきだし、ファンの
側も、チームを本当に愛しているのなら、チームにとって長期的に
良いことに賛同すべきだろう。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。