スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
守備の意識 
今朝は5時起きでFC町田ゼルビアの応援。こういうときは目覚ましナシでも
すっきり起きられるから人間の体というものは不思議だ。

試合の方はジェフユナイテッド千葉に対し1-6という大敗を喫してしまったが、
J初参戦のシーズンは一般に非常に難しいと言われているので、個人的には
今季はとにかく残留できればいいと思っているので、負けても前向きに楽しく
応援できる。失点よりも平本のゴールが嬉しかったので、後味も良い。

ただ、順位が降格圏内よりひとつ上というギリギリのところまできてしまった
ので、そろそろエンジンをかけなければいけない中で、改めて強調したいのが
守備の意識。このブログで再三書いているが、サッカーは、リーグ戦で地道に
勝ち点を積み上げていくことにこだわるのならば、守備が攻撃以上に重要だ。
どんなに格上の相手でも、しっかり守備をすれば、狙って引き分けにする
ことは充分に可能だ。同じJ2のチームなら尚更やれなければおかしい。
少なくとも、1-6というスコアは守備の意識の低さが如実に表れたものだ。
シーズン開始からほぼ毎試合思ってきたことであるが:
①マークの距離が遠すぎる(寄せが甘い)
②1対1のディフェンスが軽い
③抜かれた後に諦める選手がいる
という3点が全く改善されない。これらは、戦術云々以前に、そもそも
プロ選手として問題だ。

町田伝統の「見ていて楽しいパスサッカー」はしっかりできている。点も
とれている。あとは守備だ。しっかり守備の意識を高めて、絶対に残留しよう!!
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。