スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
vsメキシコ 
昨日は、大使館(?)主催の、在英日本人チームvs在英メキシコ人
チームサッカーの試合があった。オリンピック準決勝カードの再現
ということで負けられない試合になった。

一方個人としては、サッカーはおろか、運動すら約3ヶ月ぶりという
状態の中、M監督からワントップでのスタメンを言い渡され、試合が
終わったあとにぶっ倒れないか非常に心配されたが、結局なんと
90分フル出場した。怪我なく終えられたことをまず一番に喜ぶべき
だが、更にまさかのハットトリックを達成した。チームも6-2で大勝。
一点目は裏に抜け出しGKと1対1を右足で流し込み、二点目は深目の
位置でのスローインからワンタッチで前を向き左足で逆サイドネット
に突き刺し、三点目はセンタリングをヘッドで地面に叩きつけゴール。
ストライカーとしてまだ死んでないと言って良いかもしれない。

ちなみに残り三点のうち二点は横浜FマリノスJrユース出身のM君、
そして僕の三点目のセンタリングを上げてくれたのは東京ヴェルディ
下部組織出身のK君。FC町田、マリノス、ヴェルディが揃えば、
K-1選手みたいなごつい選手が何人もいたり、足の速い黒人選手など
もいたメキシコも相手ではないということ。柔能く剛を制す。

相手はこちらが3点とったあたりから汚いラフプレーを始めたが、
そういった不適切な形でしか自分を表現できなかったということだ。
あえて汚いとまで言わせてもらうのは、審判が見ていないところで
殴って(驚)きたり踏んだり、ツバを履いたり、「足を折るぞ」とか
耳を疑うようなことを叫んだり、嘘みたいな非紳士的行為の
オンパレードだったからだ。なぜレッドカードが出ないのか、不思議
だった。彼らにとってサッカーは紳士のスポーツじゃないんだろうし、
「自分たちはそういうレベルの人間」と思っているのだろうから仕方が
ないが、こちらに怪我だけはさせないでほしい。それにしても、
大使館主催のサッカーでそこまで下劣な行為で醜態を晒すとは、
もう少し国の教育システムから考え直した方が良いのではないかとさえ
思った。
また、あれだけ滅茶苦茶やられても、誰一人として言い返しもせず、
やり返すことなど当然なく、クリーンなプレーで淡々とゴールを
決め続けて結果で示した日本人チームはまさにサムライ魂を見せたと
言って良いだろう。当たり前だが、「静か=弱い」ではない。

更に、日本サッカーの裾野の広さ、アマチュアのレベルの高さを見せる
意味でも意義のある試合だったと思う。大変申し訳ない表現になるが、
サッカーの母国イギリスや、サッカー王国ブラジルと言われるような
国々のプロでない人たちであまり上手な人を見ない。(もちろん中には
上手い人がいるが、稀である。)一方、日本では、「うまいなあ」と
舌を巻く選手がそこらへんの草サッカーでも相当数いる。部活文化とも
関連があると思うが、日本サッカーの裾野の広さは世界一ではないかと
思う。きっと、「サッカーをやる人の平均点」で勝負したら、
日本は世界一ではないか。上位11人で比べるとまだ世界ベスト16が
最高だが、今から数十年後、ワールドカップを掲げているかもしれない。
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。