スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
香港トレック1日目 
今日のハイライトはなんといっても、ヘッジファンドのパートナーとして昨年
から香港で投資をされている、前職の上司の方とのディナーだった。

実は前職も前々職も同じ会社で、いつも公私に渡り親身になってアドバイスを
頂き、その度心に突き刺さるインサイトを頂けるのだが、今日も新たにいくつ
もの貴重なお話を頂き、素晴らしい時間になった。このディナーができただけ
でも、香港に来た価値が充分にあった。

Greater China市場に対するviewや直近の状況、キャリアに対する考え方、投資
という仕事に対する考え方、人生設計についての考え方など、お聞かせ頂いた。
ご家族もいらっしゃるのでご迷惑とは思いながらも、遅い時間まで粘らせて
頂いてしまった。

特に僕は、残念ながら正直「考える力」に欠けていることを認めなければ
いけない人間なので、こうやって頭脳明晰かつパワフルに前進されている
先輩方のお話を伺って、自分なりに咀嚼し、その中から自分の数少ないエッジを
利かせられるビジネスを具現化していく、ということが重要になる。いつも
助けて頂いてばかりで恐縮なのは山々だが…。いつか何らかの形でしっかり
お返しできる人間になれるよう、頑張りたいと思う。

また、今日は朝から夕方にかけて、3社のオフィスを回り、見学・プレゼン
視聴・ミングリングなどを行った。時間が限られているのであまり深い話は
できなかったが、各社それぞれで聞きたかった質問にも答えて頂くことができ、
ずっと頭に描いてきたこの市場で充実した時間を過ごすことができた。なぜか
引率の先生的な雰囲気でロンドンからついてきてくれているLBSキャリア
サービスチームの金融業界担当の先生(?)から、「お前、いい動きするな。
おとなしいやつかと思った。」と言われた。多分、おとなしくはない。

ただ、今般、LBSを含め、アメリカからもトップレベルとされるビジネス
スクールが3~4校来ているのだが、実はあまり興味がないのか、訛りの
ある英語だと話すのに臆するのか、なんなのか分からないが、プレゼンの後に
「質問は?」と聞かれても会場内が「シーン」となったり、ミングリングでも
あまり積極的に話しかけない人が多かったのには驚いた。結果として、都度、
先陣を切らなければいけない感じになった。僕は多少ひねくれているところが
あり、「やる気満々です!質問用意してきました!僕を見て!」的な雰囲気に
なるのが気恥ずかしくてすごく嫌いなので、大学時代にGSのリクルーティング
プロセスに乗っていた時も、大体みんなが聞き終わってから、頃合を見て
自分の聞きたい質問をしていた。なのに、今日はこんな感じにならざるを
得なかった。我々日本人がおとなしい、というのは都市伝説だ。日本人は
積極的だ!!
(なお、会場に日本人は僕だけだった。僕も台湾とのハーフだが、教育は
日本で受けている。)
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/111-9c36bb58
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。