スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
英国におけるサービスの質は本当に低いのか? 
渡英前、英国におけるサービスの質が非常に低いとの注意喚起の
記述を相当数目にした。しかし、実際にこちらにきて一通りの
手続きを終えたいま、当該記述は、少なくとも現在のロンドン中心
部においては、そのような懸念は実態にそぐわないのではと感じている。

・インターネット、電話→ブリティッシュテレコム:
ネットと電話で注文し、あとは待つだけだった。待ち時間が長かった
嫌いはあるが、取り立てて問題視するほどではなかった。

・携帯電話→Vodafone:
ベイカーストリート支店を訪れ、三十分ほどで手続き完了。最も簡単だった。

・銀行口座、カード→HSBC:
ベイカーストリート支店を一度訪れ、一時間程度で口座開設が完了。
何故かカードがなかなか使用可能な状態に設定されず若干てこずったが、
それも何本かの電話でもう解決した。

といった感じで、概ねスムーズであり、日本に比して特段面倒だと感じる
ことはなかった。

更に言うと、イギリスのごはんが不味いという話も耳にしていたが、
今のところ入ったレストランは全てとても美味しい。高級店に入っている
わけでは全くないので、昔に比べて全体に質が向上したのだろうか。

いずれにせよGood supriseで非常に良かったと感じている。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/15-1d74d9b5
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。