スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ヴェネチア vol.2 
昨日に続いて、水の都改め夢の都ヴェネチアのご紹介。
今日は、ヴェネチアの美味について。

昔、誰かが「イタリア現地のレストランよりも、日本のイタリアン
レストランの方が美味しい」ということをおっしゃっていたのを
聞いた。僕自身、日本の食事が大好きで、実際、日本のシェフは
とても繊細な料理をつくられるので、それを固く信じていた。

だが、これは都市伝説だった。

とんでもなくうまいイタリアン。それは、イタリアにあった。

最大のお勧めは、ヴェネチアが発祥である、イカスミスパゲッティ。
以下の写真のものだ。当然ながら色は黒いので、写真だとちょっと
美味しさが伝わりにくいが、口に入れた瞬間、「ンンーッ!!」と
言って、それ以上言葉を発することができなくなってしまった。
豊かな味わいを、一瞬でも逃したくなかったからだ。こんなに
美味しいスパゲッティは食べたことがない。誰かがその場に
現れて、「そのスパゲッティが、世界で一番美味しいスパゲッティ
なんですよ。」と言ったら、信じただろう。このスパゲッティなら、
料理で世界平和を実現できるのではないかと思った。
venecia3

次に、サンドウィッチとデザートでは、群を抜いていたのが、
ここFlorian。妻いわく、相当有名なお店だそうだ。
「サンドウィッチというのは、こうやってつくるんですよ」
というお手本のような、細部までしっかりと作りこまれた
格調高いサンドウィッチ。デザートのパフェ(?)も、
とんでもない美味さだった。これ以上ないくらいギリギリ
丁度良い甘さと、雲を食べているかのような柔らかい
クリームの触感に、ヴェネチアの奥深さを感じた。
venecia4
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/199-b649ca3d
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。