スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
中欧からロンドンへ帰国 
チェコ/プラハから非常にスムーズなフライトでロンドンに到着し、先程
自宅に到着した。

中欧三ヶ国を回ってみて、現在の国境からは単純に抽出されない欧州の歴史を
肌で感じることができ、大変有意義且つ楽しいものになった。特に、日本
から直行便のないハンガリー、チェコについては、英国留学に来なければ
もしかしたら一生訪れることができなかったかもしれず、大変良かったと
感じている。

格安旅行のため、食堂のど真ん中にある部屋に宿泊したり、見たこともない
文字(チェコ語)の駅に自力で辿り着くため必死になったり、街中で往年の
LUNA SEAを歌いながら歩いていて地元のおばあちゃんに睨まれたりと、
色々大変なこともあったが、非常に素晴らしい経験ができ、良い5泊6日だった。

pra1
プラハ城の聖ヴィート大聖堂。プラハにおけるゴシック建築の代表格。

pra2
聖ヴィート大聖堂の中には見事なステンドグラスがいくつも見られるが、
その中でも目を引く、アール・ヌーヴォーを代表する画家、
アルフォンス・ムハの作品。

pra3
プラハ城の小高い丘フラッチャニから見下ろしたプラハ市街。奥の方が
旧市街で、少し顔をのぞかせている川はモルダウ川(ヴルタヴァ川)。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/27-fbe2c5a9
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。