スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
イギリスの食材スーパー 
イギリスの大手スーパーマーケットには、明確なランク分けがあること
が分かった。僕は最近ようやく料理に目覚めたため、これまでの約1年半
くらいは気づくことすらできていなかったのだが、食材の質が全然違う。

以前はテスコというスーパーで買い物をしていて、最近は引越しに
伴ってマークスアンドスペンサー等といったスーパーで買うようになった。

これまで「イギリスの肉はスカスカで味がないな」と感じていたのだが、
日本で買える肉とほぼ同等のクオリティの肉が買えている。野菜も
オーガニックのものが多くあり、安心だ。ちなみに、イギリスでは
「Organic」という表示を出すための審査が非常に厳しく、安心感が
高い。

多少値段は高くなっても、人生長い目で見て、口に入れるもの、
血肉となっていくものに関しては、しっかりした品質のものを買うのが
良いのだろうなと考えている。病気になったり体が弱くなったりしたら
結局差し引きマイナスになると思うので。

しかし、ラップの質はやはり旭化成さんのサランラップが一番だ。
こっちのものは切りづらいし、耐熱性が低め。やはり日本メーカーの
技術力は世界トップレベルだ。旭化成さんのサランラップがイギリス
に進出して下さったら、消費者としては大変助かるのだが…。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/327-b7fe5c44
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。