スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
Paths to power 
今週はPaths to Powerという授業を受けている。
直訳すると、「権力への道」というタイトルの授業だ。
権力といっても、必ずしも組織のリーダーになるとか、
大社長になるとか、そういうことを示しているわけではなく、
ジュニアなポジションであっても、一定の力を会得していなければ
存在を抹消されてしまうリスクがあるというニュアンスで使われて
いる言葉だ。

この授業は、「仕事で結果を出せば組織の中で力を得られるという
幻想を捨てろ」というところからスタートし、社内政治が渦巻く
組織の中でどのような攻防が行われたかをケースを中心に読み解いて
いき、今後我々がどのようにして"力"をつけていくべきかを考える
授業である。

先生のクオリティも高く、非常に勉強になった。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/356-4c9a5197
 
今週はPaths to Powerという授業を受けている。直訳すると、「権力への道」というタイトルの授業だ。権力といっても、必ずしも組織のリーダーになるとか、大社長になるとか、そういうことを示しているわけではなく、ジュニアなポジションであっても、一定の力を会得してい...
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。