スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
Blackstoneのdistress investment team 
クラスメイトのイスラエル人T君が昨夏Blackstone Groupのdistress
investment teamで4ヶ月ほど働き、そのよしみでPrincipalの方を
スピーカーとして学校に招いてくれたので、プレゼンテーションを
聞きに行ってきた。

僕自身もdistress investment出身であることもあり、非常に興味深い
プレゼンテーションだった。よくプレゼンを聞きに行ったりすると、
「途中でも遮って質問して下さい」と言って下さる方がいるが、
これまでそう言われても流れを切らないために質問はプレゼン終了後まで
しないと決めてきたが、昨日は初めて途中で遮って質問させて頂いたほど
だった。

最も興味深かったのは、欧州金融機関による資産売却の可能性について。
Closedなプレゼンでの話であるため、あまり具体的なことはここでは
書けないが、一般に100兆円~200兆円の資産売却が起こるだろうと
言われている中で、彼は1.3trillion euro(約130兆円)の売却規模を
想定し、準備を進めている。しかも、彼らのターゲットメニューの
中には、これに加え、更に4点、重点分野があり、現実味の高い
ものであった。「このチームは向こう数年儲けそうだなあ」とヒシヒシ
と感じた。

既に激動の欧州であるが、投資家にとって本当の激震はまだこれからだ。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/361-e87ee4d0
 
クラスメイトのイスラエル人T君が昨夏Blackstone Groupのdistressinvestment teamで4ヶ月ほど働き、そのよしみでPrincipalの方をスピーカーとして学校に招いてくれたので、プレゼンテーションを聞きに行ってきた。僕自身もdistress investment出身であることもあり、非常...
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。