スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
公共交通機関では周囲を助けましょう 
日本で「電車の中でベビーカーをたたむべきか」という議論が起こっているのを
目にした。コメントを見ていると、「電車の中でベビーカーをたたまないのは
マナー違反だ」とする人がいることが分かった。

「マナーってなんだ?」

ベビーカーを持っているということは、小さい赤ちゃんも一緒にいるということ
だろう。そして、小さい赤ちゃんがいるということは、その子のおむつやら
着替えやら哺乳瓶やら色んなものを抱えているだろう。そして、そんな沢山の
荷物とベビーカーとお子さんを抱えてまで電車に乗るということは、事情が
あるに違いない。
そんな大変な状況でベビーカーをたたんでおさえておき、荷物もお子さんも
抱えるなんて、どれだけの力が必要だろうか。まして小さい赤ちゃんは
センシティブだ。
批判している人は、マナーを語る前に、大変な状況にある人を助けるべきだ。

僕はそれなりに色んな国で生活してきたつもりだが、こんな議論が起こること
さえ変だと思う。僕が知っている限り、日本だけだ。日本はおおむね
素晴らしい国だが、「普通」と違う人に対する理解や手助けが不足している
時がある。人口密度が日本に負けず劣らず高い台湾でも、大きな荷物を持った
人や小さいお子さんを連れた人への配慮を皆怠らない。

ちょうど一昨日、朝の通勤の際に起こった出来事を紹介したい。
ベビーカーとお子さんを抱えて階段を降りていたお母さんのベビーカーを、
全然関係のない通行人が持って降りてあげていた。そしたら、階段の半分まで
きた時に、今度は階段を上がっていた別の男性が「かわるよ」と言って、
抱えて一緒に降りてあげていた。皆が焦っている通勤ラッシュの時間帯に、
他の人が既に助けている人を、それでもまだ助けてあげようというのだ。
昇ってきた階段をまた降りてまで。
僕は、自分自身がそういう頭を持っていなかったことを恥じた。

なので、僕も偉そうに言える立場ではないが、少なくとも大変な思いをして
いる人を助けなければという思いくらいはあるし、自分ができると思ったら
やってきたつもりだ。大変な人に追い討ちをかけるように「ベビーカーを
たたみなさい」などと言うことは考えられない。

先代の方々が努力して築いてくれた今の豊かな日本。その豊かさにかまけて
我侭になってはいないか?社会には色んな人がいる。自分が「邪魔だな」と
感じるなら、自分でお金を払ってタクシー通勤でもマイカー通勤でもする
べきだ。その余裕を作り出せるくらいの結果が出せていないのなら、
それは自分の責任。日本のように人口密度の高い国、資源のない国では、
一定程度競争が苛烈になり、思いやりが薄れることがあっても仕方ない
部分もあるのかもしれない。しかし、日本はもう単独で発展していく
のが難しいフェイズに入っている。もし海外から優秀な人材が来てくれて、
電車の中でこんなことを言われたら、「なんてひどい国だ」と思われてしまう
だろう。逆に、こういう文句を言っている人は、経験のために、是非海外に
行ったときにも同じ文句を言ってみてほしい。ほぼ間違いなく、
周囲にいる関係ない人から、「あなたは何を言っているんだ。」と
たしなめられることだろう。

別の角度から議論すると、今あるスペース、今ある余裕、それはあなたが
作ったものじゃない。先人の努力でそこにあるものだ。従ってあなたの
ものじゃない。公共交通機関なら尚更だ。我が物顔で人に文句を言うのは
筋違いである。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/382-b1862650
 
日本で「電車の中でベビーカーをたたむべきか」という議論が起こっているのを目にした。コメントを見てい
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。