スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ウィルス退散? 
授業が始まってはや1ヶ月以上が経ったわけだが、この1ヶ月間、
おそらく学生を最も悩ませたのが、「MBA2012疫病」と名づけられた
謎のウィルス。

クラスの半分以上が風邪を引き、授業中激しい咳が方々から沸き起こり、
各先生が恐れおののいていた。

先週後半くらいから、猛威をふるった謎の風邪もようやく落ち着いてきて、
今週は殆ど咳き込む人がいなくなった。有難い限りだ。

ただ、咳き込んでも誰もマスクをしてくれないカルチャーはなんとか
ならないものかと思った。こちらでは、マスクは医者しかしないそうだ。

周囲をインスパイアしようと一度1日中マスクをしていたことがあった
のだが、知り合いからは「なんでマスクしてるの??」と聞かれ、
知らない人からは好奇の目で見られた。

「これだけ風邪が流行っているからマスクした方がいいよ」と言った
のだが、みんな「そうだよね!」と言うだけで、馬耳東風。

MBAプログラムオフィスに、水がなくても使えるハンドウォッシュの
購入を迫ったが、結局全く置かれる気配がなく、なぜかかわりに
トイレに置かれている石鹸が高級なものに変わった。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/65-e29fb960
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。