スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
英国式シェイプアップ? 
イギリスに来て3ヶ月弱が経過したが、社会人3年目くらいから急激に
増加していた体重、そして腹周りの肉が、みるみるうちに落ちてきている。

コナミアクションサッカーの試合で着替えていた時に、高校サッカー時代
の後輩から「もう見る影もありませんね。」と言われた。高校時代、
「高速腹筋」というのを一発芸に持っていた。腹筋が異常にあったので、
通常考えられないスピードで背中を地面につけずに腹筋をし続けることが
でき、一発芸として人気を博していた。そして、一番上の小さい三角形を
入れると、8つに割れていた。

それが、社会人になってから三段に変わってしまっていた。三段腹だ。
サッカー現役の頃の体重から、社会人になってからのピーク時の体重を
比べると、実に12キロも増加していた。

僕の場合、前述のように大学ではサッカーをせず、インターンや音楽などに
力を注いでいたので、周囲のサッカー仲間より早い段階で体が退化するのは
ある程度止むを得ないが、それにしても情けない状況になっていた。

しかし、それが英国に来て約3ヶ月弱。腹回りの肉が一気に減り、その結果
既に体重がピーク時から約3~4キロ減ったのだ。体調も良いし、変な
減り方をしているわけではない。

そして実は、クラスメートの韓国人の友人も、同じことを言っていた。

彼と相談した結果、以下のような背景があると考えるに至った。
・食事面: 
 -学校のレストランや売店の食事がヘルシー(サラダやサーモンがうまい)
 -お菓子のクオリティが低いので、あまり食べない(僕は日本/アジアの
  お菓子が大好きで、製造元のメーカーを尊敬している。特に、たけのこ
  の里、チョコパイ、ガリガリ君など。ゴディバ等よりよっぽどうまい。
  ただ、ザッハトルテだけは彼らに肩を並べる。)
 -我々の奥さんが、英国という新たな環境でも栄養バランスを考えて良い
  食事を作ってくれている(これが一番大事かもしれない)
・生活面:
 -規則正しい生活をしている(早寝早起き)
 -プレッシャーフリー
・運動面:
 -この点は、僕はあまりできていないが、多くの人は仕事をしていた時より
  時間ができて、かなり色々な運動をしている

2年後或いは来年のどこかで仲間たちに再開した時に、少し体のキレが戻って
いるように、引き続き頑張りたい。
スポンサーサイト
 
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/78-7972e6d2
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。