スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
「投資家」サッカー選手 
日本でもしばしば名前が挙がっている某投資ファンドから先週連絡を頂き、
今日Interviewに行って来た。シリコンバレーの会社もそうだったが、
採用というものはこうも水面下で情報がトレードされているんだなと驚いた。
本人も全く知らないところで…。

僕は投資家サッカー選手なので、投資とサッカー関係の話が挙がってきたら、
今後ともとりあえず全部顔を出しておこうと思う。

というわけで、事前に公開情報をもとに、当該ファンドのポートフォリオ
カンパニーの情報などをおさらいして、オフィスに行ってきた。

外から見た感じは落ち着いた英国風建築といった感じで、六本木ヒルズの
ような壮大さはなかったのだが、中に入ってみたら、先日訪れた
バッキンガム宮殿の部屋を彷彿とさせる豪華なシャンデリアや絵画、
骨董品などが並んできて、オフィスというよりは小さい城のような感じで
驚いた。未上場プレミアムとでもいうべきか?いや、ディスカウント?
まあそんなことはどうでもいいのだが。

投資チームのヘッドのうちの一人とのinterviewだったのだが、話が合い、
お互い白熱して、1時間の予定が2時間15分に渡って激論した。
自分では買えないような高級そうなクッキーを出してくれたのに
食べなかったのが心残りだが。

その中で、僕が描いているMBA卒業後のストーリーと、彼らが提示してくれた
キャリアパスに明確なギャップがあることも分かった。そこで、勇気を出して
その提示には興味がないことを伝え、僕のストーリーがファンドに
とってもプラスになるはず、と明言してみたところ、予想外に乗ってきて
くれて、このアイディアとの関連性の高い部隊のヘッドに引き渡してくれる
ことになった。もちろん、まだMBA開始から3ヶ月しか経っていない状況
なので現時点で何もコミットするべきではないが、もし僕の提案が
深く刺さるようであれば、来夏のプランが大きく変わることもあり得そうだ。
スポンサーサイト
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバックURL
http://ttlbs.blog129.fc2.com/tb.php/96-0f1558bf
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。