スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ドリブル 
元日本代表の前園真聖氏の著作、「ドリブル」を読んだのは、僕がまだ
中学生の頃だった。「台湾代表に入る」と公言し、そのために学校が
終わると一人でFC町田の練習に通っていた日々。その道中で、セリーヌ
ディオンの「Power of the Dream」を聞きながら、この本を何度も
繰り返し読んだ。

FC町田は、チームのコーチからスカウトを受けるか、セレクションに合格
するかで入団するチームなので(僕は無名すぎて声はかからないので、
自分でセレクションを受けた)、各人が全然違うバックグラウンドを
持っているし、少しずつ別の方向を向いている。練習も常に戦場だし、
学校の友達ともあまり一緒に時間をすごせないので、孤独感がある。
練習が終わるのは10時くらいなので、試験勉強なども電車の中でする
しかない。自分で自分を鼓舞しないと、だんだん疲弊してくる。

そんな中、この本の1ページ1ページが、僕を夢に導いてくれた。
(沢山そういうものがあるが、これがそのひとつ。)

まず見開きに載っている、前園がオリンピック出場をかけて戦った
大事なサウジアラビア戦での写真。彼が決勝ゴールを決め、コーナー
フラッグのところでひざまずいて旗を握りしめている後姿。
一目見て、「これがやりたい!」と思った。普段の試合でやっても
「??」という感じなので、代表戦でやるしかない。このイメージ
を毎日抱いていた。実際には、代表戦では、インドネシア戦を
除いて僕はいつもボランチで使われていたこともあり、
ゴールを決めることはできなかったが、大きな影響を与えて
くれた。

そして、前園が孤独の中で鹿児島実業やブラジルに一人修行に出て、
夢に向かって頑張るエピソード。当時の自分と勝手に重ねて、
モチベーションを高めていた。

今は引退されてしまったが、僕は今でも感謝しているし、たまにテレビで
見かけると、応援している。

孤独感と戦いながら夢に向かっている人、これから世界に出ようとする人、
などにとてもお勧めの本である。

Zono2
 
 
お勧めの本のご紹介・第二弾 
先日に続き、お勧めの本のご紹介・第二弾を掲載したい。
今回も、上司の方からご紹介頂いた本である。「たまには自分で良い本を
見つけて紹介できないのか」と自分でも思うが、やはり偉大な先輩方
からご教示頂いた本は大変魅力があり、紹介したくなってしまう。

“マーケティングゲーム―世界的優良企業に学ぶ勝つための原則”
エリック・シュルツ 著
東洋経済新報社 (2002/04)

この本は、P&G、ウォルト・ディズニー、コカ・コーラなどの
マーケティング部門で豊富な実務経験を積んだ著者が記したもの。

主な特長は、マーケティング理論の基本を体系的に記しながらも、
著者の実体験やヒアリングに基づくケースとともに臨場感溢れる
ストーリー形式で書かれている点である。

マーケティングの勉強を脇に置いて考えても、読み物として大変面白く、
350ページ弱あったが、2~3日で一気に読み終えた。僕の場合、辛いことに
内容に興味が湧いた時とそうでない時で、読むスピードに雲泥の差が出る
ので、それが自分にとっての面白さのバロメーターになる。GMATのReading
試験の際には、自分の読むスピードが非常に遅くて悩んだ。

なお、この本を勧めて下さった方は、プライベートエクイティの世界に
入られる前には、某外資系戦略コンサルティング会社のトップコンサル
タントとして数々のプロジェクトにあたられた方で、過去の豊富なご経験から、
一つの投資先企業を見る上での色々な新たな視点を共有して下さり、僕に
とって、一緒に仕事ができた時間は、毎日大変贅沢且つ楽しいものであった。
是非僕自身もMBAという新たなフィールドで物事を様々な角度から考え、
学んできたいと改めて思っている。

Marketing
 
 
The 4-Hour Work Week 
少し前になるが、MBAの推薦状も執筆して頂いた大変尊敬する上司の方から、
「The 4-Hour Work Week」(Timothy Ferris著)という本を薦めて頂いて、
すぐに購入して読んでみた。

非常に刺激的な本で、とても勉強になった。しかも、これからMBAで勉強し、
自分が本当に進むべき道を見極めねばならないタイミングにある今の僕に
ピッタリの内容だった。

僕の理解では、ということになるが、この本のメインメッセージは、
「仕事以外にやりたいことがあるのなら、"今頑張って沢山稼いで、
いつかやってやろう"と思うのではなく、今すぐやろう。実はできるはず。」
というものだ。

実現に向けたポイントはいくつかあるが、例えば、
・仕事にレバレッジをきかせて、短時間ないし直接手を煩わさずに実をとる
・長時間働いていると「自分は仕事をしている」という安心感が醸成される
ことがあるが、勇気を出して仕事の効率性を徹底して追求してみる
・長い時間仕事を離れることがあると不安になるが、実はその不安はあまり
具体的なものでないことを、「積み上げ方式」で確認してみる
といったものである。

僕自身、夢を叶えてくれた台湾代表への恩返しと、母国台湾の社会態勢変革
のために、サッカー台湾代表の監督としてアジアを勝ち抜き、国際大会に
導きたいという長期的な夢がある。しかし、「まずは家族を一生養える
だけのアセットを築くまでは、余計なことを考えてはいけない。物事には
順番がある。」と考えてきた。しかし、仮に僕が目標としている年齢までに
実際にアセットを目標額以上に積み上げられたとして、その時点でゼロから
スタートして本当に代表監督として国際大会に導けるのか?今からある
程度両立してやっていけることがあるのではないか?それを真剣に考えない
で仕事だけをやるのはある意味で怠慢ではないか、と考えるようになった。

大変面白い本をご紹介頂いて、上司の方に大変感謝している。
僕からも推薦したい本である。↓

Book1

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。